あご が 痛い 顎関節症

原因は なんですか・・・

IESのDVD

今 すぐに あなたが ご家庭で取り組める
「あごの痛みから解放する 各個人サポートの 情報」
あごの痛みの「セルフケア 決定版」はこちらです!
⇒ I.E.S顎関節症改善法
ーーーーーーーーーーーーー

 

読む前に ポチッとお願いします

 

【 原因は なんですか・・・】

 

あごの痛み「顎関節症」の原因は何でしょう・・・

それは 筋肉の緊張と疲労です。

 
 

高齢化社会となり
近年「リハビリテーション」という言葉が普通に使われるようになりました。

リハビリテーション「リハ」とは 
日本語で言えば「機能回復訓練」という事になります。

歯科での「リハビリテーション」は
40年ほど前に日本で
「オーラルリハビリテーション」という言葉で聞かれるようになりました。

これは主に 失われた歯を どのように「再生」させるか。
人工の歯を お口の機能に合わせて
どうやって作るか という 事で 使われ始めた言葉でした。

今 話題になっている 「お口の機能回復」リハビリテーションは
今ある お口がうまく使えない状態を どのように
うまく使えるように回復させるか ということを言います。

 
 

顎関節症も 
今までは 何か特殊な器具や 装置を使って 
お口の中に はめる事で 治る というように思われたり

場合によっては 歯を全部削って 
新しい セラミックの歯並びを作ったり

あるいは 歯列矯正や あごの位置関係を
矯正する事で 治そうと したりする事が
普通だと 思われて来ましたし

偶然かも知れませんが
そのように「治療」すると 症状が改善する事もありました。

特に「スプリント」という 「固定・安静にする」装置を使い
かみ合わせの位置を 変える。
噛む場所を 「高くする」と
症状が改善する という事が多くありました。

 
 

では なぜ このように 症状が改善したのか
というと それは そのように手を加える事で
間接的に 
「筋肉の緊張が軽くなった」からだ、という事が
分かりました。

そうなのです。

異常な形が 筋肉を 緊張させていたので 
それを 改善させるために形を変えたから 症状が改善されたのです。

 
 

もちろん
特殊な技術で 
体の機能が求めている 生理学的な治療で
かみ合わせの改善をすれば
肩こりも 首の痛みも 治ります。

ただこれは 非常に高度で難しい治療です。
日本の名古屋発の治療技術ですが 
できる人は極限られています。

 
 

反対に考えてみると
「筋肉の緊張」を取り去る何かをすれば
症状が改善する という事なのです。

体の筋肉を考えてみてください。
肩こりや 体の痛みを とるために
あるいは 予防するために

皆さんは 何をされますか?

そうです。
体操や ストレッチですね。

顎関節症の あごの痛みも 同じ事です。

整形外科の先生が
顎関節症や首の痛みは
「肩回しを時々すると治る」ことが多い
と言っておれれました。

そうですね。

急性の痛みに対しては
冷湿布などもしますが

慢性になると 温湿布や 低周波治療などをしますね。

あごの痛みも 同じように考えてみたらよいです。

あごは 体からみれば 体の一部ですから
他の 関節で 有効なことは やはり 顎関節でも 有効です。

まず 安静に。
続いて 体操や ストレッチを してみてください。

 
 

以上 ご参考になれば幸いです。

 

 

http://gakukansetusyo.jimdo.com/

世界にただ一つの 自宅でできるセルフケア 顎関節症改善法

「I.E.S顎関節症改善法」についての情報はこちらからご覧になれます。
⇒ I.E.S顎関節症改善法

 

人気ブログランキングへ

 

 

 


Related posts:

  1. 人の習慣は変えにくい
  2. インフルエンザを予防する歯磨き歯ブラシ
  3. ウェル噛む!ダイエット???
  4. 深い悩みで 深夜に電話・・・?
  5. 【患者様からのメール相談です】

2015年10月15日 9:23 AM | カテゴリー:あごの痛み, 顎関節症 | コメントは受け付けていません。

 

« »

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。