あご が 痛い 顎関節症

歯磨き粉に殺精子剤が含まれている?・・・

IESのDVD

今 すぐに あなたが ご家庭で取り組める
「あごの痛みから解放する 各個人サポートの 情報」
あごの痛みの「セルフケア 決定版」はこちらです!
⇒ I.E.S顎関節症改善法

ーーーーーーーーーーーーー
読む前に ポチッとお願いします

 

「歯磨き粉に殺精子剤が含まれている?・・・」

 

 

歯磨き粉に含まれる成分のお話です。

歯磨き粉には「薬用成分」や味を調えるための「清涼剤」
「フッ化ナトリウム」など様々なものが含まれています。

 

 

最近注目されているのが
歯磨き剤に「発泡剤」として含まれる

「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

 

これは、泡立ちをよくするための物で
「合成洗剤」と同じ成分です。

「殺精子作用」がありますが 主作用が「洗剤」なので
「避妊用」の「殺精子」としては使えないようです。

避妊ゼリーに使われる「殺精子剤」の
主な成分名は「メンフェゴール」と呼ばれています。

これは 天然植物油が原材料の、極めて安全性の高い これも界面活性剤の一種です。
この成分は放出された精子にだけ作用するため人体には影響がありません。

ここからは「ラウリル硫酸ナトリウム」についての引用です。

「※殺精子作用があるからといって
膣内を洗浄(合成・石鹸問わず)するのはやめてください。

女性の膣内にはpHを弱酸性にするような常在菌がいます。
それらを殺してしまうと
常在菌以外のものが増えやすくなり
性病になりやすくなってしまうので気をつけてください。」

ということです。

 

シャンプーでもこの成分が
入っていないものを選ぶ人が多くなっていますが、

頭皮よりも「口の中の粘膜」の方が
成分吸収率は高いようです。

「ラウリル硫酸ナトリウム」は どの位身体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

 

 

下記に「食品添加物」を調べる会社が出した
レポートを紹介します。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは
シャンプーや台所洗剤に 洗浄剤の主成分として
配合される界面活性剤で 実はこの物質は歯磨き粉にも使用されています。

ラウリル硫酸ナトリウムは
かなり前から様々なメディアで人体に悪い影響があるとの指摘がされており

この物質自体が非常に有害なものであるとの印象を持っている
人も少なくないでしょう。

歯磨き粉に添加されたラウリル硫酸ナトリウムの影響について
人体に対しどれくらいのレベルの影響を及ぼすのかを考えてみました。

ラウリル硫酸ナトリウムの毒性は
発がん性に関しては1970年代に厚生労働省によって詳細に試験がなされた結果
全くないとの報告がされています。

米国化粧品工業会における調査でも
発がん性は否定されており
まず心配はないと言えるでしょう。

歯磨き粉に添加される ごく少量のレベルでは
アレルギーでもない限りは命に係わる
危険性はないと思われます。

皮膚刺激性に関しては
明らかに強い刺激性を示すデータが報告されているのは事実です。

ラウリル硫酸ナトリウムは 強い脱脂力と
たんぱく質変性作用を示すため
結果として皮膚を痛めることになります。

歯磨き粉に発泡剤として添加される量は非常に少ないため
健康体であればあまり神経質になる必要はありません。

心配なのは「口内炎」など「口の中に炎症がある場合」です。

いくらラウリル硫酸ナトリウムに発がん性がなく
歯磨き粉に添加されていても心配することはない
というデータがそろっていたとしても

その強力なたんぱく質変性作用は 口内炎の人にはお勧めできません。

口内炎の際は口の中を清潔に保つことは必須ですが
ラウリル硫酸ナトリウムを含有する歯磨き粉を使用することによって
余計に悪化する恐れも考えられるので
界面活性剤を添加していないタイプの歯磨き剤を使うことをお勧めします。

 

いずれにしても
健康体であれば
ラウリル硫酸ナトリウムの影響に神経質になる必要
はありません。

 

この文章を読むと
国が認可している成分であり 絶対使えないとは言えない
ような印象を受けます。

口内炎がある場合などは 粘膜が薄いか 表面がないわけです。

経皮毒(皮膚から吸収される毒素)が
あることは認めていますから
この成分が含まれている歯磨き粉を
使わないにこしたことはないようですね・・・。

以上 ご参考になれば幸いです。

 

 

http://gakukansetusyo.jimdo.com/

世界にただ一つの 自宅でできるセルフケア 顎関節症改善法

「I.E.S顎関節症改善法」についての情報はこちらからご覧になれます。
⇒ I.E.S顎関節症改善法

 

人気ブログランキングへ

 

 

 


Related posts:

  1. インフルエンザを予防する歯磨き歯ブラシ
  2. あごが痛いのを治療せず・・?
  3. 誤嚥性肺炎はなぜ起きるのか・・??
  4. 筋膜の不思議
  5. 患者様から手術が必要か と 相談がありました・・・

2015年12月19日 11:04 AM | カテゴリー:あごが痛い | コメントは受け付けていません。

 

« »

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。