あご が 痛い 顎関節症

あごの痛みの改善 に セルフケアが必要なわけは・・・

読む前に ポチッとお願いします


人気ブログランキングへ

【あごの痛み 顎関節症の改善に セルフケアが必要なわけは・・・】

 

あごの痛み、「顎関節症」の原因の多くは、

日常生活のなかで 何気なくしている「動作」や「姿勢」や

「くせ」であることが多くあります。

 

「姿勢」や「くせ」は、 あごに負担をかけているという「意識」がないままに

繰り返されているため、

治療で 治ったと思っても、また症状が再発してしまう ことが多いです。

 

そこで セルフケアが必要になります。

 

では、症状を改善させるためには

どんなセルフケアが必要でしょうか。

 

まず、

急に強い痛みが出て、その痛みが続いている時には

「安静」にすること、

あごと お口をあまり動かさないことが大事です。

 

食事も、しっかりかまなくてはならない お肉などは避けて、

あごを動かす筋肉を できるだけ使わないような食事を選ぶことも だいじです。

 

極力安静にして、お粥や おじや、ジュースやスープなど、

流動物を 摂るようにしてください。

 

また、痛みが強い時は、「打撲」などの場合を除き

首の後ろも含めて「温める」ことが大切です。

 

寝ている間の、「食いしばり(かみしめ)」や「 歯ぎしり」をしているために

筋肉が緊張することが多いです。

 

そのような場合は、直接 上下の歯の「かみしめ」が起きるのを予防するために

できれば歯科医院で「柔らかいマウスピース」を

「ナイトガード」として作ってもらい、それを着けて眠ることも効果的です。

 

強い痛みが治まってきたら、セルフケアとして

「ストレッチ」を始めます。

 

このストレッチで大切な事は、

意外かもしれませんが、

「あご」とは直接的でないように見える、全身の「体操」から始めることが大切です。

 

特に、肩の周りや首の周りの筋肉をゆるめる「体操」が大切です。

 

ちなみに、

今 もし あなたが顎関節症で悩んでいるとしたら、

ちょっと手を休めて、肩甲骨と 両肩と両腕 を大きく回してみてください。

 

そうすると、首と肩だけでなく、あごの周りも ゆるみ始めていることが分かるでしょう。

このようにしてから、あごの関節を「ゆるめる」ための「ストレッチ」を行います。

温めてから行う方が より効果的です。

 

また、

過大な「ストレス」や「心もち」も顎関節に大きな影響を与えますから、

「心のリラックス」も大切です。

 

痛みが治まると、つい無理をしてしまう事があり、

事態を 悪化させてしまうこともありますから、

注意が必要です。

⇒ I.E.S顎関節症改善法

———————-

今 すぐに あなたが 家庭で取り組める

「あごの痛みから解放する 各個人サポートの 情報」

あごの痛みの「セルフケア 決定版」はこちらです!

⇒ I.E.S顎関節症改善法

 

I.E.S顎関節症改善法 のお問い合わせはこちらからできます

⇒ info@d-moses.com

090-5491-0403

bnr_tel ies memo


Related posts:

  1. あごの痛みを治すためのセルフケアで大切なことは、、
  2. あごの関節の痛みをセルフケアで予防しましょう!
  3. あご の 痛み 解決するには!
  4. あごの痛み と セルフケアについて
  5. あごの痛みのセルフケアで大切な事、、(痛みが治まって来たときには)

2014年2月16日 12:20 PM | カテゴリー:健康 | コメントは受け付けていません。

 

« »

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。