あご が 痛い 顎関節症

あごの関節に症状が出る原因は一つではありません その2

読む前に ポチッとお願いします

人気ブログランキングへ

【あごの関節に症状が出る原因は一つではありません】その2

 

あごの痛み(顎関節症)の研究がすすみ、

今では1つの原因で症状が起きるのではなく、

いろいろなことが重なって、それぞれが「限界を超えた時」に症状が起きる

ことが分かって来ました。

 

原因のいくつかが起きていても、限界を超えない時にはまだ症状は出ません。

この「限界」にも 個人差があり、なりにくい人となりやすい人がいます。

 

〇もっとも大きな原因は、筋肉の疲れを起こす「食いしばり や かみしめる くせ」習慣。

「歯ぎしり」「カチカチと上下の歯をぶつけるくせ」などの習慣です。

 

〇次に多いのが「ストレス」です。

この「ストレス」が重要なひきがねになっています。

ストレスというのは「人間の感情」=精神的な緊張です。

 

「仕事」「家庭」「経済(お金)」「人間関係」など様々な環境で

無意識のうちに、あごや 首、肩や顔の筋肉を長く緊張させることがあります。

この緊張があごの関節にも影響します。

 

〇「左右一方だけでかむ癖」も 筋肉の動きがかたより 「筋緊張」の原因になります。

 

このように、あごを動かしている筋肉の緊張の原因となる要素は

すべて あごの関節に何かの症状を起こす原因となります。

この結果起きるのが「がくかんせつしょう(顎関節症)」です。

 

 


ホステス・キャバ嬢 ブログランキングへ

IESのDVD
今 すぐに あなたが ご家庭で取り組める

「あごの痛みから解放する 各個人サポートの 情報」

あごの痛みの「セルフケア 決定版」はこちらです!

I.E.S顎関節症改善法 のお問い合わせはこちらからできます

⇒ info@d-moses.com

090-5491-0403

bnr_tel ies memo

 


Related posts:

  1. あごの関節に症状が出る原因は一つではありません
  2. あごの痛みの原因は・・・
  3. あご の 痛み 解決するには!
  4. 口が開かなくなった!、と・・・
  5. あごの異常は、女性に多く発生しやすいです

2014年3月23日 11:26 AM | カテゴリー:健康 | コメントは受け付けていません。

 

« »

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。