あご が 痛い 顎関節症

人の習慣は変えにくい

IESのDVD

今 すぐに あなたが ご家庭で取り組める
「あごの痛みから解放する 各個人サポートの 情報」
あごの痛みの「セルフケア 決定版」はこちらです!
⇒ I.E.S顎関節症改善法

—————————-

読む前に ポチッとお願いします

 
【人の習慣は変えにくい 】

顎関節症は 多くの場合 ひとり一人の
好ましくない「個人的な習慣」が

毎日続く事で 「筋肉の緊張」が起こり
それが原因で 引き起こされる

ということが分かっています。

 

ところが この「習慣を変えること」が
とても難しいのです。

幼児の「指しゃぶり」なども
なかなか ヤメるのが難しいですよね。

 

人の脳は「生存本能」を最大に働かせて機能しているので、
今 生きて行けるのであれば 無理に変化しようとしません。

むしろ、
安定を求めて、無意識のうちに
きのうと同じ事をしようとします。

 

では どうしたら 「習慣」を変える事ができるでしょうか。。。

 

「変わりたくない脳を攻略する」

そのためには 「人間の脳のからくり」を
理解する必要があります。

 

気合いを入れて「努力して」行うと
大概は 挫折してしまいます。

 

これは 脳の構造自体に原因があるためで、
決して あなたが悪いわけではないです。

 

人間の「脳のからくり」を理解している人は少ないです。

 

「気合いを入れる」とか
「努力する」ことをやめてみましょう。

そのかわり、
「一日 5分だけ」いつもと変えてみましょう。

 

一日のうち どの時間でもかまいません。

朝の わずかなひと時でも、通勤電車の中でも、
仕事のすき間でもかまいません。

一日に5分だけ 「意識を」今までと変えるのです。

 

脳に負担をかけずに 「5分だけ日常を変え」てみましょう。

 

「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と繰り返し
大きくお口を開けて言ってみましょう。

 

その後で、しばらく「いーーー」というお口の形を作って
口角を上げてみましょう。

 

そして、前歯の真ん中にものを挟んだような姿勢で
すごしてみましょう。

この時 上下の歯が接触しないようにします。

 

すると、お顔の表情筋が「自己知覚」を感じて
脳は自分が楽しく ワクワクしていると 「勘違い」してくれます。

こうする事で、「好調な状態」を自然に作り出す事ができます。

 

これなら5秒でもできますね。

 

このような 簡単なこつを知るだけでも
今より飽きずに 新しい習慣を作れるようになりますね。

 

科学的な方法で「人の習性」を変えて
新しい習慣を作ると
混乱が少なくてすみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界にただ一つの 自宅でできる顎関節症改善法

「I.E.S顎関節症改善法」についての情報はこちらからご覧になれます。
⇒ I.E.S顎関節症改善法


人気ブログランキングへ

 


Related posts:

  1. ウェル噛む!ダイエット???
  2. インフルエンザを予防する歯磨き歯ブラシ
  3. 自宅でできる あご関節「顎関節症」のセルフケアについて
  4. 【理想的な歯科医院の仕事とは 】
  5. 顎関節症はこんな事でも起きます

2015年1月15日 11:46 PM | カテゴリー:あご, あごが痛い, あごの痛み, セルフケア, 健康, 筋肉, 習慣, , 顎関節症 | コメントは受け付けていません。

 

« »

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。